2019年度 3学期特待生 インタビュー

af9970027308o

通知表オール5で月謝が割引・全額免除になる筑波進研スクールの特待生制度。2019年度3学期特待生に勉強に対するこだわりを聞きました。(旧学年で表記しています。)

 

筑波進研スクール 大袋教室
中2 Sさん

学校生活では、課題を必ず期限内に提出するようにしています。また授業中は積極的に発言し、疑問があれば休み時間に必ず質問します。自分なりの勉強方法は、英語はまず単語を覚えてから、理社は重要語句を隠せる赤シートを使って暗記してから問題を解くことです。今年は受験なので、偏差値をどんどん上げて、よりレベルの高い高校に合格できるよう努力します。

 

筑波進研スクール 木曽呂教室
中1 Mさん

特待生になれて、これからも頑張ろうという気持ちになりました。当たり前のことは当たり前に行い、決めたことは必ず実行するようにしています。テスト勉強は特に気合いを入れて取り組みました。これからも常に目標を高く持ち、日々努力します。

 

筑波進研スクール 戸田教室
中2 Mさん

学校の授業では積極的に挙手するようにしています。定期テストに向けては、学校で習ったことをその日のうちに復習するなど早めに準備を進めます。またワークをくり返し解いて、特に数学と理科はどんな問題にも対応できるようとにかくたくさん解くことを心がけています。もうすぐ受験生になるので、勉強以外のことも今以上に頑張って充実した中学校生活にしたいです。

 

筑波進研スクール 北上尾教室
中2 Uさん

成績をキープするために、普段から授業をしっかり聞いて、テスト前にあわてて勉強しなくてもすむようにしています。でも国語が苦手で、テストの点数が下がってしまったときは苦労しました。特待生になって良かったことは、おこづかいが増えたことです。新学年では国語・英語・社会を頑張って、成績をもっと上げたいです!

 

筑波進研スクール 日進教室
中1 Mさん

想像以上の結果を出すことができて驚きました。特待生になり、筑波の先生や親からほめてもらえたことで達成感を味わえたので、勉強することはさまざまなことにつながるのだから努力して損は無いと感じました。この気持ちを今後の原動力にして、成績を維持していきたいと思います。

 

筑波進研スクール 原山教室
中1 Mさん

前回特待生を逃し、くやしい思いをしていたので、毎日コツコツ努力を積み重ねてきました。途中で失敗し勉強のやり方を修正したり工夫することもありました。努力が結果として表れてとてもうれしいです。両親がほめてくれ、応援してくれたので、より前向きな気持ちで勉強に取り組めるようになりました。特待生を維持できるようこれからも良い結果を残していきたいです。