2019年 高校入試合格者の声③

sakura2

2019年埼玉県高校入試では、筑波進研スクールにもたくさんの笑顔が咲きました。合格を勝ち取った筑波生たちの喜びの声をお届けします。

 

川越高校 川越東高校 合格   Yさん

私は中3で筑波進研スクールに入塾するまで塾に通ったことがなく、大変そうだし入りたくないと思っていました。しかし筑波進研に入ってからは考え方が180度変わり、通えば通うほど学力が上がっていくのを感じました。特に数学の授業では、学校では教えてもらえない便利な公式や法則を毎週のように教えてもらいました。その公式が入試本番で役立ったときは、試験中にも関わらず先生にお礼を言いたくなるくらい感動しました。特に実力が伸びたと感じたのは、夏期講習後の北辰テストで偏差値が6くらい上がったときです。また、偏差値が伸びる前に川越高校をすすめてくださった先生方の見る目の確かさにも感謝しています。先生のアドバイスがなければ私は川越高校を受験していなかったと思います。本当にありがとうございました。

 

川越高校 川越東高校 合格   Mさん

私は中3のはじめに筑波進研スクールに入塾しました。その頃は自分の将来像をイメージすることができず、高校に関心が持てずにいました。しかし筑波進研の宿題や課題をこなすうちに、入試に必要な基礎力を自然と身につけることができました。9月になり、筑波進研の授業でも北辰テストに向けての対策が本格化し始めると、勉強する際のポイントがはっきりして、偏差値を伸ばしていくことができました。ただやみくもに勉強するのではなく、間違えた部分や苦手な部分を効率良く復習するようにと筑波進研の先生から指導していただいたことも学力向上の大きなポイントだったように思います。日頃から積み上げたものは必ず自分の実力となり、入試本番で発揮されます。後輩の皆さんも筑波進研スクールの先生を信じて合格を勝ち取ってください。

 

市立浦和高校 武南高校 合格   Tさん

私は、部活動が中3の夏休みまで続き、生徒会の活動も忙しかったので、なかなか勉強の時間をとれずにいました。そこで、長期休みの午前中に筑波進研スクールの自習室に通うことにしました。するとそれまでより効率良く、短い時間も有効活用できるようになりました。得意な国語を生かすため、漢字検定2級の受験を決めたとき、筑波進研の先生は親身になって対策をしてくださいました。苦手だった英語も、長文読解を中心とした課題をこなすことで、60前後だった偏差値が70を越えました。「どこの塾でもやることは同じ」と思う人もいるかもしれません。確かに結局は本人のやる気次第です。しかしそのやる気を100%引き出してくれるのが筑波進研スクールだと思います。辛く苦しい勉強を、良い仲間達や先生方と共に乗り越えることができ、幸せでした!

 

市立浦和高校 大宮開成高校 合格   Sさん

僕が市立浦和高校に合格できたのは、8年という長い間筑波進研スクールの先生にお世話になったからだと思います。僕は中3になってもなかなか受験生という自覚を持てず、勉強に集中できずにいました。そんなとき筑波進研の先生方が課題を出してくれたり、小テストを実施してくれたおかげで、勉強時間が増えました。その結果、成績が向上し始め、自信が持てるようになりました。受験当日は、筑波進研スクールで学んだことを最大限に生かして問題を解くことができました。合格発表の日、自分の番号を見つけたときはとてもうれしかったです。いつも近くで支え、助けてくれた両親や先生方には感謝の気持でいっぱいです。ありがとうございました。後輩の皆さん、努力は必ず報われます。自信を持って受験に臨んでください。

 

市立浦和高校 栄東高校 武南高校 合格   Hさん

私は中3の春に筑波進研スクールに入塾しました。それまで塾に通ったことがなかったので、最初は予習型のスタイルについていくのが大変でした。けれど分からないところを質問すると先生方が丁寧に分かるまで教えてくださり、おかげで私は少しずつ勉強を進めていくことができました。部活の引退が他の部より遅く焦りを感じていたときや国語の偏差値が伸び悩んだときなどにアドバイスをし、支えてくれたのは筑波進研の先生方でした。夏期講習後の北辰テストで、国語の偏差値が大きく上がったときはうれしかったです。合格発表のときは不安もありましたが、自分の番号を見つけてとても感動しました。合格できたのは筑波進研スクールの学習環境と先生方の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。