2019年 高校入試合格者の声②

sakura2

2019年埼玉県高校入試では、筑波進研スクールにもたくさんの笑顔が咲きました。合格を勝ち取った筑波生たちの喜びの声をお届けします。

 

浦和第一女子高校 春日部共栄高校 合格   Tさん

第一志望校に合格することができて本当にうれしいです。私は当初、私立高校単願を考えていたのですが、筑波進研の先生のすすめもあって浦和第一女子高校に挑戦することを決めました。勉強は大変でしたが、筑波進研の先生方に支えていただき、良い結果を残すことができました。授業ではクラスの皆で競争して問題を解いたり、先生が図や絵を描いて説明してくださったので、楽しみながら授業を受けることができました。1年前は、受験って大変そうだなあと思っていましたが、振り返ってみるとあっという間の1年間でした。受験は大変ですが、その分終わったときに楽しいことが待っているので、これから受験を迎える皆さんはぜひ目標を高く持って頑張ってください。

 

大宮高校 川越東高校 合格   Yさん

私は中3になってから国・数・英を中心に毎日勉強しました。特に努力したことは、国語や英語の文章を毎朝読み、速読の力をつけたことです。早起きすることで生活サイクルを整え、効率良く勉強を続けることができました。理・社や英単語は授業や自習の合間にくり返し学習することで定着させ、数学は就寝前の1時間に集中して取り組みました。10月頃から過去問に取りかかり、制限時間を意識して問題を解くようにしました。そして受験当日、今まで自分が鍛えてきた力を信じて、試験に臨みました。試験では、分からない問題を後回しにする勇気と、失敗を引きずらないことが大切だと思います。後輩の皆さんには「自分を信じると言えるだけの努力をしよう」と伝えたいです。

 

大宮高校 栄東高校 合格   Sさん

中3の4月に筑波進研スクールに入塾した当初、僕には具体的な目標がなく、勉強量も少ないまま毎日過ごしていました。しかし授業を受けるうちに、先生方の分かりやすい説明に感動し、勉強することに魅力を感じるようになりました。志望校合格のためには苦手な国語の点数を上げる必要がありましたが、何をすべきか自分では分からなかったため、先生にアドバイスをいただき、毎日1問ずつ過去問を解くようにしました。すると1ヶ月過ぎた頃にはコツをつかむことができ、偏差値が15も上がりました。他の教科でも分からない部分は必ず質問して1つ1つ知識を増やしていきました。後輩の皆さん、勉強した分は必ず自信になります。不安をなくしたいのであれば、勉強をしましょう。きっと良い結果につながるはずです。

 

大宮高校 栄東高校 大宮開成高校  合格   Gさん

僕は志望校を早い段階で決めていました。これから受験を迎える皆さんも、志望校は早めに決めることをおすすめします。目標が決まっていると何をどれだけ頑張れば良いのかがはっきりするからです。僕は筑波進研スクールの自習室を利用し受験勉強を進めていましたが、僕にとってとても良い環境だったと思います。何を勉強すべきか迷ったときには、筑波進研の先生方にアドバイスをもらい、課題を出してもらったりもしました。やるべきことをやったという自信があったので、受験当日はあまり緊張せずに試験を受けることができました。落ち着いていつも通りできたので、合格を勝ち取ることができたのだと思います。皆さんも試験では落ち着いて普段通りやることを心がけ、ベストを尽くしてください。そうすれば良い結果がついてくると思います。